MENU

ピアノの荷造り注意点

ピアノ移動

引越しをする差には荷物を運ばなければいけませんが、その際にはきちんとした荷造の方法があります。それを把握せずに準備をしてしまうと、運搬中などに傷をつけてしまうなどの原因になるので注意が必要です。ピアノなどの楽器を運ぶときも同じで、きちんとした荷造りの方法を把握しておきましょう。

 

ピアノと言っても種類があり、電子式のものやグランドピアノのような大きなものがあります。そのためそれぞれで準備の仕方が異なるので、間違えないようにすることが大切です。まず電子ピアノですが、こちらは分解して運搬する形になります。分解するといくつかのパーツに分けることができるので、それを覚えておくことが大事です。分解する際には本体とスタンドがつながれている、ペダルコードと電源コードを外します。そのあとに本体とスタンドを外して、スタンドをそれぞれの部品ごとに分解します。このように細かくすることができるので、段ボールに詰めることが可能です。しかし段ボールに入れることが出来なかったりする場合には、クッション材で包んだりして傷がついたり壊れないようにしましょう。コードなども段ボールに詰めて中でぶつかったりすると破損の原因になるので、動かないように固定しておくことが大切になります。

 

一方で分解することができず、荷造りが大変なものがグランドピアノです。そのためしっかりとポイント抑えておくことが、引っ越しの際にはとても重要なことになります。蓋や鍵盤蓋などは運ぶ際に持ちづらかったり手を挟んだりしないように、テープなどを利用してしっかりと固定しましょう。そしてピアノ移動中に傷つけないように、ペダルもしっかりと保護することが大事です。またぶつけて傷つけてしまわないように、全体もカバーしておくことも重要なことになります。しかし自分でやるにはわからないこともあるので、そのような場合にはピアノ専門の業者に依頼することも検討しましょう。安全にそして傷つけないように、運搬することが大切です。

ピアノの運搬注意点

ピアノ移動

引越しをするとき、持ち物にピアノが入っていると運搬に注意する必要があります。頑丈そうに見えますが内部の構造は非常に繊細で、ちょっとした衝撃で音質が変化してしまいます。更にとても重いので、引越しで動かすときは運搬のルールをしっかり理解して壊さないように注意しましょう。特に重要なルールは運搬に必要な人員と設置場所の2つです。ピアノを運ぶための人数はアップライトピアノが2人、グランドピアノは3人と決められています。これ以上の人数で運ぼうとすると、ピアノの木の部分に負担がかかって故障の原因となります。

 

次に設置場所ですが、まずは床の状態が本当に安定しているか確かめておくことが大切で、凸凹しているとピアノだけでなく床にも影響を与えてしまいます。加えて、温度差や直射日光が当たる部屋なのかの確認もしておきましょう。少しの環境の変化でも悪い影響を受けてしまうので、長く使うためにも引越し先の部屋の状態は事前に把握しておくことが大切です。他にも、素人が運搬を行うと音質が変わってしまう可能性が高いので、引越しをさせるときはプロの業者にお願いすることが重要になります。

 

そして、自分も運搬を手伝うことになったときは怪我に注意することも大切で、鍵盤の蓋などに手が挟まれると衝撃で落としてしまう場合があります。また、引越しをするときは天候や時間も気にする必要があり、ピアノの位置によってはクレーンでの移動になります。雨が降っていたり暗かったりすると近所迷惑になってしまうので、引越しできないときに備えて予備の日程も考えておきましょう。ピアノの運搬は非常に注意点が多く、業者にお願いするとお金がかかってしまいますが、自分で行うと故障の原因になります。取り扱いが大変ですが、壊して買い直すよりは安く済むので、引越しの際は実績がある専門の業者に頼みましょう。自宅内での引越しであってもプロの人に行ってもらうのが一番のため、移動すると決めたら早めに連絡をすることが大切です。

ピアノを買う前に!トラブルを避けるために確認しておきたいこと

ピアノ移動

音楽は人の感性を豊かにします。とくにピアノはすべての楽器の基礎ともいえる要素を持っていて、一家に一台あれば、より音楽が身近なものに感じられるでしょう。お子様がいる家庭では教育にもメリットがあります。しかし、ピアノの購入には気をつけておくべき点があります。費用を考えてもそれなりに大きな買い物になるので、失敗しないようにしておくことが大切です。まずは、サイズです。ほとんどのピアノは重厚感のあるもので、重さもそれなりにあります。購入後に移動させようとしても一人でできるようなものではありません。よって、きちんと設置場所を決めて、そのスペースに収まるものを選ばなければ存在そのものが邪魔になってしまい、日常生活に支障をきたすことになります。

 

次に気をつけておきたいのが防音対策です。とくに住宅密集地やマンションでピアノを購入しようとする場合は、近所とのトラブルを避ける必要があります。常に美しい音楽を奏でることができれば良いのですが、当然、練習中はうまく演奏することなどできません。本人にとっては必要な練習でも、近所の人にとってこれはただの騒音でしかないわけです。防音対策をきちんと行うか、あるいは電子ピアノなど、音量調節ができるものを選ぶと良いでしょう。

 

また、マンションなどの賃貸の場合、楽器については契約上の規約に条件が書かれてある場合があります。これに違反した場合、せっかく高い支払いをして購入しても、演奏することができないかもしれません。まずは管理会社にきちんと確認をとっておく必要があります。すべての対策と確認が取れた場合でも、演奏する時間帯には気を配っておきましょう。事前にピアノをレッスンする時間を近所の人たちに伝えて、了承を得ておくとよりトラブルを避けることができます。本格的な弦のピアノを必要とするクオリティに腕が上がるまでは、イヤホンやヘッドフォンを装着して演奏可能な電子ピアノの購入がおすすめです。

ピアノを買取に出す時のポイント

ピアノ移動申し込み

家庭用楽器として馴染み深いピアノですが、専有面積が広いことも事実です。そのため弾かなくなってしまうと文字通りのお荷物になってしまいます。そんな時は早めに買取に出して有効活用するべきでしょう。単なる廃棄処分と違い費用は発生せず、現金化もできますので非常に合理的です。少しでも高い価格でピアノを買取に出したいのであればポイントを押さえておく必要があります。まずは日頃のメンテナンスで状態を美しく保つことです。傷や故障は査定額にも大きく響いていきます。特に鍵盤に付着した皮脂は、時間の経過と共に変色の原因になりかねません。普段は弾かないからこそきちんと掃除しておけば手放す際に有利となります。また内部にこもりがちな湿気も要注意です。虫やカビの温床にもなりますから、晴れた日には天板を開放して換気をしておくことが求められます。可能ならば定期的に調律を依頼しておくと音質が損なわれることもありません。

 

ピアノの買取前には、電話やインターネットを通じて査定を受けることになります。ほとんどの専門店では無料で実施してくれますから経済的な負担もかかりません。その際にはブランドや機種名に製造番号、そしてペダルの本数を調べておけばスムーズな査定に繋がります。問題となるのは提示された査定額が適正か否かです。正しい市場価格を誰もが知っているわけではないため、判断に頭を悩ませることになります。これも複数のピアノ買取専門店へ査定依頼することで解消することが可能です。その中から最も高い額を選ぶのもいいですし、信頼性を重視するのもいいでしょう。ピアノ買取に特化した一括査定サイトもありますから気軽に調査することができます。

 

査定額に納得したら、後はスタッフの到着を待つだけです。きちんとピアノを運び出してくれますので女性でも安心して任せることができます。運搬料を無料にしているところを買取店を選べば、より経済的です。使わなくなったピアノだからこそ賢く手放して、誰にとっても得をする方法を見出していきましょう。

ピアノを大解剖!ピアノの基礎知識

ピアノ移動費用

知らない人はいないと言ってもいいくらい、ピアノは非常にメジャーな、なじみのある楽器です。なじみがある理由は、一つには周りに習っている子がいること、そして必ず学校の体育館や音楽室にあるということでしょうか。鍵盤をたたけば誰でも音を出すことができます。バイオリンやトランペットでは、そうはいきません。音を出すのに一苦労という楽器より、ピアノの方が小さいころから楽しめるのです。

 

それでは、ピアノが音を奏でるメカニズムはどのようになっているのでしょうか。鍵盤を押すとその奥にあるハンマーが下から弦をたたきます。ただし、弦が震えるだけでは小さな音しか出ません。弦は駒で支えられており、その駒は本体の響板と呼ばれる大きな板に載っています。弦の振動が駒に伝わり、駒から響板に伝わり、大きな響板の振動によって大きな音となるのです。つまり、ピアノは弦が震えているだけではなく、その全体が震えて音を出しているという特徴があります。このような構造を見ると、ピアノは弦楽器でもあり打楽器でもあるということができます。一般的に、ピアノは88の鍵盤を持ち非常に広い音域をカバーしています。その音域はクラシックオーケストラの全音域より広いと言われます。当然、一つの楽器でこれだけ幅広い音域をもつものはほかにありません。そのため、クラシックからジャズ、ロックなどジャンルを問わず広く用いられてきたのです。

 

習い事として始める場合、教則本を使って練習をしていくことが多くあります。教則本によって演奏するにあたっての指使いやペダルの使い方、音の強弱の付け方、早い曲からゆったりとした曲まで、様々な奏法により表現力を身につけることができます。また、ピアノの特徴である大きな楽器全体から起こる振動により、その音の持つ力強さを体感することができます。身近なところで手軽に、体の中に染み渡る音の振動を感じることができるということで、子供ばかりでなく大人にも習い事としてのピアノは人気があるのです。